レチノール 効果

レチノール化粧品は使う前に効果と副作用を知る事が大切

投稿日:

レチノール化粧品には、たるみやしわに期待でき、シミやくすみを改善する美白効果があることに加えて、ニキビ対策にも役立つと言われています。ただし、レチノールは刺激が強いため、化粧品の種類や肌質、使い方によっては、却って肌に負担をかけてしまうこともあります。今現在は、実力のある大手化粧品メーカーからしか販売されていません。

肌トラブルを起こさず、きれいな肌を得るために知っておく必要のあることを確認しておきましょう。徐々に人気が出てきた注目の成分です。今後、さらに人気が出てくるのは間違いありません。そんなレチノールの実力に迫ります!

 

レチノールとはビタミンA誘導体(レチノイド)のひとつ

緑黄色野菜やレバーなどを食べた時にビタミンAは身体に摂取されますが、肌の内部に浸透させる化粧品の場合には、ビタミンAであればビタミンA誘導体に、ビタミンCであればビタミンC誘導体というように誘導体にする必要があります。

誘導体にすることによって、もともと持っている働きを損なうことなく、肌に浸透しやすい状態に変化させるのです。ビタミンA誘導体には、ビタミンAを誘導体に合成する為に使われた化学成分によって非常に多くの種類があり、肌への効果、刺激の強さなどが異なるのですが、その中の一つがレチノールです。

≪ビタミンA誘導体の種類≫

レチノイドはビタミンA誘導体すべてを表し、その中に様々な種類があります。

トレチノイン(レチノイン酸)

 

角質を剥がし、表皮の細胞分裂や増殖を促す働きがある為、ターンオーバーの周期が2週間ほどになる為、肌の再生が早く行われるようになります。

ターンオーバーの仕組み 表皮はターンオーバーの周期ごとに、真皮のすぐ上にある基底層から有棘層、顆粒層、角質層という順に押し上げられてきて、垢となって皮膚から剥がれ落ち、新しい皮膚が再生されます。この周期が短い場合は敏感肌、長い場合は角質細胞が停滞するハイパーケラトーシスです。

トレチノイン(レチノイン酸)がシミに改善に効果的な理由 シミの原因となるメラニン色素は表皮の最も底の部分である基底層にあるメラノサイトで作られます。ターンオーバーがスムーズに行われていると、徐々に色素も押し上げられていきます。ところが加齢や、ターンオーバーが追い付かないほどのメラニン色素が作られることによって、色素が基底層に沈着してしまうことがあります。これがシミのメカニズムです。トレチノインは細胞分裂を活発に行う働きによって、この沈着した色素を押し上げていき、シミを改善します。老人性色素斑、ニキビや傷などによって起きた炎症によってできたシミ(炎症後色素沈着)、そばかすなどのシミには、非常に効果的です。

トレチノイン(レチノイン酸)がニキビの改善に効果的な理由 トレチノイン(レチノイン酸)には、皮脂の分泌を抑えるという働きもあります。皮脂の分泌を抑える働きで過剰な皮脂が毛穴の中に溜まらないようにし、皮膚の細胞を活発にする働きで、毛穴を詰まらせている角質を剥がしやすくます。この2つの働きが同時の行われるため、ニキビの改善に効果が上がります。

トレチノイン(レチノイン酸)による反応 皮膚が向け赤くなる、痛みを感じるというような反応が出ます。これは角質層が通常よりもはやい速度で剥がれ落ちていくために起こる反応で、避けることはできません。通常の状態であれば、肌の表面は角質層と皮脂膜に守られていますが、そのバリア機能が無くなってしまうからです。肌の内部の保湿機能も低下する為、外部からの刺激を直接受けやすくなり、紫外線のダメージも通常より強く受けてしまいます。その為、トレチノイン(レチノイン酸)を使用中には、特別な保湿ケアが必要です。

トレチノイン(レチノイン酸)医療に用いられているレチノイド アメリカでは認可されていますが、日本では認可されていません。したがって化粧品には使われていません。医療機関で医師の管理のもと、シミやニキビの治療が行われます。非常に刺激が強く副作用もあるので、個人輸入などで入手し使用することは非常に危険です。トレチノイン(レチノイン酸)を使いたい場合には、皮膚科や美容外科での治療が必要です。

レチノール

レチノールの種類

日本国内で認可されているレチノイドのうちのひとつで、化粧品への配合が認められている為、多くの化粧品に使われています。レチノールの種類、配合量によって効果の現れ方が異なります。

・ピュアレチノール 即効性、浸透力に優れ、レチノールの中で最も高い効果のあるレチノールですが、刺激はやや強めです。

・パルミチン酸レチノール レチノール+パルミチン酸 最も刺激の少ないレチノール

・酢酸レチノール レチノール+酢酸 刺激の少ないレチノール

・リノール酸レチノール レチノール+リノール酸

・プロピオン酸レチノール レチノール+プロピオン酸

・水添レチノール レチノール+水素

 

レチノールを使った化粧品は、トレチノイン(レチノイン酸)とは違い、個人で購入することができ、安心して使うことのできる化粧品です。

レチノール化粧品の効果


ハリのある肌を作る
 肌の弾力が無くなり、たるみやほうれい線が目立つようになる理由は、加齢によってコラーゲンが硬くなってしまうからです。真皮には保湿成分であるヒアルロン酸と弾力繊維であるコラーゲンとエラスチンがありますが、加齢によってヒアルロン酸が減少することでコラーゲンが硬くなる為、弾力が無くなりしわやたるみの原因になってしまうのです。レチノールには硬くなったコラーゲンを柔らかくして、従来の働きができるようにサポートする働きがあるので、肌の弾力が戻ってきます。

乾燥によるシワを防ぐ シワには、UVAによる深い傷のようなシワと角質層にあるNMFやセラミド、真皮にあるヒアルロン酸などの保湿成分が不足したためにできるシワがあります。レチノールには、三宝の活動を活発にする働きがあるので、これらの保湿成分の分泌を促して肌の乾燥を防ぎます。肌の内部が十分に保湿されていると、バリア機能もしっかり働くので、乾燥によるシワだけではなく、UVAによるダメージも軽減することができます。

シミやそばかすを改善する シミやそばかすは沈着した色素が肌の内部に停滞していり状態です。レチノールには、新陳代謝を促し、ターンオーバーをスムーズにする働きがあるので、沈着した色素を押し上げ、排出し、シミやそばかすを改善します。

大人ニキビを治す 大人になってからできるニキビは、新陳代謝がスムーズに行われなくなり皮脂が溜まっている毛穴を角質が塞いでしまう為にできてしまうニキビです。したがって思春期のニキビのように洗浄力の強い洗顔料で洗顔するという方法では、水分が失われ帰って肌に負担をかけてしまいます。レチノールには新陳代謝を促し、角質を剥がす働きがあることに加えて、皮脂の分泌を抑える働きもあるので、大人ニキビの改善に効果的です。

レチノール化粧品を使うときに注意したいこと

 

初めて使うときは高濃度タイプを避ける レチノールが配合されている化粧品には、美容液、クリーム、オールインワンなどがあり、それぞれ配合されているレチノイドの種類と配合量が異なります。初めて使う場合には、配合量の少ないタイプを選び、顔に塗る前に腕の内側に塗って様子を見ましょう。

紫外線に注意 レチノール化粧品を塗ると、肌は紫外線からのダメージを受けやすくなります。使用説明書をよく読み、ナイトクリームと指定されている場合には、朝のスキンケアでは使わないようにします。朝のスキンケアでも使えるタイプの場合でも、日焼け止めクリームと併用して紫外線からのダメージを防ぎましょう。紫外線の強い時期には、帽子や日傘などを必ず使うことが大切です。

保管方法に注意 レチノールは、不安定な成分ですので直射日光のあたる場所、高温多湿になる場所での保管は品質の劣化に繋がります。使用後は必ずしっかり蓋を閉め、高温多湿にならない場所で保管しましょう。

 

ハリのある肌、潤いのあるしっとりした肌を取り戻すために、レチノール化粧品は効果的な化粧品です。医療機関で使われているトレチノイン(レチノイン酸)のように強い反応が現れる心配はありません。ただし肌質は個人によって違いますので、自分に合ったタイプを見つけましょう。

-レチノール 効果
-

Copyright© レチノール化粧品は使う前に効果と副作用を知る事が大切 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.